2023.07.20

胃腸炎

胃腸炎は、胃や腸の内膜が炎症を起こす病気です。主にウイルスや細菌の感染、食中毒、寄生虫などが原因となりますが、一部ではアレルギー反応や自己免疫疾患によっても発生することがあります。

症状としては、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱などが見られます。特に感染性胃腸炎では、ウイルスや細菌が原因となり、飲食物や水から感染が広がることがあります。手洗いや食品の適切な調理など、予防策が重要です。

一般的に、胃腸炎は軽症から中等症の場合、自然に回復することが多いです。適切な休養や水分補給、消化の良い食事を心がけることが治療に役立ちます。ただし、症状が重篤で長期化する場合や高齢者、幼児、免疫力の低下した患者は、医師の診察と治療が必要です。

胃腸炎の予防には、手洗いの徹底、食品の適切な調理、生水の摂取を避けること、感染者との接触を避けるなどが重要です。また、感染性胃腸炎の場合は、症状が軽くても周囲への感染拡大を防ぐためにも適切な注意が必要です。

胃腸炎は一般的には自然に回復しますが、症状が重い場合や長期間続く場合は、早めに医師の診察を受けることが大切です。適切な治療と予防対策により、感染の広がりを防ぎ、早期回復を促すことが目指されます。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101