2023.07.22

にきび(ざ瘡)

尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)は、一般的に「にきび」として知られる、皮膚の疾患の一種です。主に思春期から成人にかけて発症しやすく、顔、胸、背中などの皮膚に発生します。

尋常性ざ瘡は、毛穴の詰まりにより皮脂や細菌が増殖し、炎症が起こることで発生します。多くの場合、皮脂腺が活発に働く思春期に特に多く見られますが、成人でも発症することがあります。生活習慣や遺伝的要因、ストレス、食生活なども関与しています。

尋常性ざ瘡の症状は、白い頭のついた「白ニキビ」と、赤く腫れ上がった「赤ニキビ」が特徴的です。炎症が進行すると、膿がたまり、悪化すると膿疱(のうほう)として表れることもあります。

治療法は、軽度の場合は適切な洗顔や皮膚ケア、清潔な習慣が助けになります。しかし、炎症がひどい場合や治療が適切でないと悪化する可能性もあるため、皮膚科専門医の指導のもとで適切な治療が行われることが重要です。

治療法には、外用薬(抗生物質やレチノイドなど)、内服薬、レーザー治療、皮膚ピーリング、場合によっては手術などがあります。また、重要なのは皮膚を無理に触らないことや悪化を招く要因を避けることなどの予防策も重要です。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101