2023.07.22

ウオノメ(鶏眼)・タコ(胼胝)

鶏眼(けいがん)、または胼胝(べんち)は、足の皮膚にできる角質の過剰な厚みによる硬結を指します。主に足の指や足底に発生しやすく、皮膚の摩擦や圧力がかかる場所にできやすい特徴があります。

鶏眼は、長時間の靴の摩擦や窮屈な靴の着用、足の異常な負担などが原因となり、皮膚が保護のために厚くなることで発生します。また、足のアーチが低い、歩き方が異常などの足の構造や歩行パターンの問題も関連しています。

症状としては、角質の厚みによって硬くなった部分が、軟部組織の下にできることが一般的です。これにより、痛みや圧迫感を感じることがあります。歩行時や足に負荷がかかる動作の際に特に不快感を感じることが多いです。

鶏眼は、一般的に自己処理を避けることが重要です。硬結を自力で取り除くと感染のリスクや皮膚損傷の危険性があるため、皮膚科の専門医に相談しましょう。専門医は、適切な治療法を提案し、必要に応じて角質を取り除く処置を行うことがあります。

予防策としては、適切な靴の選択やサイズの確認、足の適切なケア(保湿、保護)、歩行時の負荷分散などが重要です。足の健康を保つことで鶏眼のリスクを減らし、快適な歩行をサポートすることができます。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101