2023.07.22

虫刺され(虫刺症)

虫刺症(ちゅうししょう)は、昆虫や節足動物などによる刺し咬みによって引き起こされる皮膚の炎症反応を指します。一般的には虫さされとも呼ばれます。蚊、ハエ、蜂、蜘蛛、ノミ、ダニなどさまざまな昆虫が原因となります。

虫刺症の症状は、赤い発疹や腫れ、かゆみ、痛みが特徴的です。刺された部位によって症状の強弱や現れ方が異なります。蚊に刺された場合は、通常小さな赤い発疹が数箇所できてかゆみを伴います。一方、ハチやハエに刺された場合は、腫れや痛みが強く感じられることがあります。また、一部の人ではアレルギー反応を引き起こし、重篤な症状を引き起こすこともあります。

虫刺症の治療は、軽度の場合は通常自然に治癒しますが、症状が強い場合や感染を伴う場合には医師の指導のもとで適切な治療が行われます。かゆみを和らげるために、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏が使用されることがあります。また、アレルギー反応が強い場合には、緊急の対応が必要な場合もあります。

予防策としては、虫刺されを防ぐための対策が重要です。蚊やハエに対しては、虫除けスプレーや蚊帳を使用し、肌を露出させない服装を心掛けることが効果的です。ハチやハエなどに注意して、危険な状況を避けるようにすることも大切です。また、アレルギー反応を経験している場合は、医師と相談して適切な対策を立てることが重要です。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101