2023.07.22

接触皮膚炎

接触皮膚炎は、特定の物質や刺激と皮膚が接触したことによって引き起こされる炎症性の皮膚障害です。アレルギー性接触皮膚炎と刺激性接触皮膚炎の2つの主なタイプがあります。

アレルギー性接触皮膚炎は、金属、植物、化粧品、薬品、ラテックスなど特定の物質に対して過敏反応を起こす場合に現れます。刺激性接触皮膚炎は、石鹸、洗剤、アルコール、摩擦、摩耗、熱、寒さなど物理的刺激によって引き起こされます。

症状としては、発疹、赤み、かゆみ、水疱、ただれ、腫れなどが見られることがあります。症状の程度は個人差があり、物質や刺激の種類、個人のアレルギーや皮膚の特性によって異なります。

治療には、刺激を引き起こす物質の特定と接触を避けることが含まれます。かゆみを和らげるために、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏が使用されることがあります。症状が重い場合や感染を伴う場合は、皮膚科専門医の指導のもとで適切な治療を受ける必要があります。

予防策としては、皮膚と接触する物質に注意し、アレルギー反応を引き起こす可能性のある物質や刺激物を避けることが重要です。また、特定の物質に対して過敏な反応が見られる場合は、医師と相談して対策を立てることが大切です。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101