2023.07.22

酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)は、酒さと似た症状を示すが、原因が異なる皮膚疾患を指します。酒さ様皮膚炎は、顔の中心部分に赤みや紅斑、腫れなどが現れることで特徴的ですが、一般的な酒さのようにアルコール摂取などの外部刺激が原因ではありません。

酒さ様皮膚炎の原因は、主に皮膚のバリア機能が低下して、細菌や真菌などの微生物に感染しやすくなった結果とされています。また、ストレスや免疫系の異常も関与すると考えられています。

症状としては、顔の中心部に赤い斑点や腫れ、かゆみが現れることがあります。一部の場合では、目の周りにも症状が及ぶことがあります。

治療には、まずは原因となる要因を特定し、避けることが重要です。炎症を抑えるために、抗生物質や抗真菌薬が処方されることがあります。また、抗炎症薬やステロイド軟膏の使用が行われることもあります。

酒さ様皮膚炎は、酒さと類似の症状を示すことからその名がつきましたが、原因と治療法が異なることに注意が必要です。早めの診断と適切な治療により、症状を改善し、再発を防ぐことが重要です。皮膚科専門医の指導を仰ぎながら適切なケアを行うことが大切です。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101