2023.07.25

花粉症

花粉症は、特定の植物の花粉に対して免疫反応が過剰に起こるアレルギー性疾患です。主な症状には、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血、喉のかゆみなどがあります。特に春や秋に、花粉の飛散が多くなる時期に症状が顕著に現れます。

花粉症の原因としては、スギやヒノキなどの木の花粉、ヨモギやブタクサなどの草の花粉が挙げられます。これらの花粉が呼吸器に触れると、免疫反応が働き、炎症やアレルギー症状が引き起こされます。

花粉症の対策としては、以下のような方法があります:マスクの着用、外出時の洋服の着替えや頭洗い、窓の閉める、エアコンの使用などが挙げられます。また、花粉の飛散が多い時期には、外出を控えたり、予防用の目薬や鼻スプレーを使用することも有効です。

重度の症状がある場合は、抗ヒスタミン薬やステロイドを含む薬物治療が行われることもあります。抗アレルギー治療や減感作療法も考慮されます。

当院では、花粉症に対する適切な診断と治療を行っております。患者様の症状や状態に合わせた対応を行い、快適な季節を過ごすためのサポートを行っています。お悩みの方は、お早めにご相談ください。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101