シンプルで無駄のない医療を提供

診療内容

Content of Medical Treatment
内科
内科内科
訪問診療
訪問診療訪問診療
皮膚科
皮膚科皮膚科
アレルギー科
アレルギー科

内科

内科診療において患者様の健康を最優先に考えています。私たちの目標は、患者様の病状を正確に評価し、適切な診断と治療を提供することです。一般的な疾患や慢性疾患、代謝異常、免疫系の問題など、様々な病態に対応しています。経験豊富な医師とスタッフが、最新の医学知識と技術を駆使して、患者様の健康な日常生活をサポートいたします。患者様一人ひとりの症状やニーズに適切に対応するため、丁寧なカウンセリングと検査を行い、病状を総合的に評価します。その上で、適切な治療計画を共に考え、患者様とのコミュニケーションを大切にしております。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 胃腸炎
  • 逆流性食道炎
  • インフルエンザ
  • 風邪
  • 排尿時痛
  • 浮腫(むくみ)
  • 睡眠時無呼吸症候群

内科について

高血圧
高血圧
高血圧

高血圧とは、血管内の血液の圧力が通常よりも高くなる状態を指します。通常、心臓が収縮・拡張する際に血液が血管内を流れる際には一定の圧力がかかりますが、この圧力が高くなると心臓や血管に負担がかかり、健康に悪影響を及ぼすことがあります。

高血圧は多くの場合、症状が現れず「沈黙のキラー」とも称されていますが、長期間にわたり放置すると、心臓病、脳卒中、腎臓障害などの重篤な合併症を引き起こす可能性が高まります。

高血圧の原因は複数ありますが、主な要因には遺伝的要素、生活習慣(食生活や運動不足)、ストレス、肥満、塩分の摂り過ぎなどが挙げられます。適切な治療法としては、生活習慣の改善(バランスの良い食事、適度な運動、禁煙)、ストレスの管理、薬物療法が一般的に用いられます。

定期的な健康チェックや血圧のモニタリング、医師の指導に従うことで、高血圧を早期に発見し、適切な対応を行うことが重要です。早期発見と適切な管理によって、高血圧による合併症のリスクを減らし、健康な生活を送ることができるでしょう。

糖尿病
糖尿病
糖尿病

糖尿病は、血液中の血糖(血中のブドウ糖の濃度)が高くなる慢性的な疾患であり、体内のインスリンの働きが不十分または効果がなくなることによって引き起こされます。インスリンは、食事から摂取した糖分を体内の細胞に取り込む役割を果たし、血糖値をコントロールするホルモンです。糖尿病が適切に管理されないと、さまざまな合併症を引き起こす恐れがあります。

1型糖尿病は、免疫系によるインスリン産生を担う膵臓のβ細胞が破壊され、インスリンが全く作られなくなる自己免疫疾患です。このタイプの糖尿病は通常若い年齢で発症し、インスリン注射が必要です。

2型糖尿病は、一般的に成人により多く見られる糖尿病で、体内でのインスリンの効果が低下し、十分な量が作られなくなることによって発症します。2型糖尿病の主なリスク要因には、遺伝的要素、肥満、不適切な食事、運動不足が挙げられます。初期の段階では食事療法や運動などのライフスタイルの改善が効果的な治療法として用いられますが、必要に応じて経口薬やインスリン注射も使用されます。

糖尿病には、高血糖(血糖値が通常よりも高い状態)によるさまざまな合併症があります。これには、心血管疾患(心臓病や脳卒中)、腎臓障害、神経障害(特に手足の知覚障害)、目の病気(網膜症、白内障)、足の潰瘍が含まれます。定期的な血糖値のモニタリングや適切な治療、生活習慣の改善は、これらの合併症のリスクを低減するために重要です。

予防にも力を入れる必要があります。健康な食事、適度な運動、体重管理、禁煙は糖尿病の予防と管理に有効です。また、リスク因子を持つ人々は定期的な健康チェックを受け、早期の糖尿病の兆候を見逃さないようにすることが重要です。

糖尿病は現在治療法が確立されており、早期発見と適切な管理によって合併症のリスクを低減し、患者の健康と生活の質を改善することが可能です。しかし、日常生活での自己ケアと定期的な医療チェックの重要性を理解し、積極的な健康管理が必要です。

高脂血症
高脂血症
高脂血症

高脂血症とは、血液中の脂質(脂肪)の異常上昇を指す状態です。主にコレステロールや中性脂肪が通常値を超えて増加し、動脈血管に異常な脂肪の蓄積が生じることが特徴です。

高脂血症は、長期間にわたり継続することで動脈硬化を引き起こす恐れがあり、心臓病や脳卒中、末梢動脈疾患などの重篤な合併症のリスクが高まります。特に、低密度リポタンパク質コレステロール(LDLコレステロール)が増加すると、動脈内に脂肪が蓄積し、動脈壁にプラーク(血管壁の厚みを増す沈着物)が形成されます。

高脂血症の原因には、遺伝的要因や生活習慣、食事内容などが影響を及ぼします。高脂肪食品の摂取過剰や運動不足、喫煙などは、高脂血症のリスクを高める要因とされています。

治療の主要な目標は、脂質値を正常範囲に改善し、動脈硬化を進行させないようにすることです。これには、生活習慣の改善(バランスの取れた食事や定期的な運動、禁煙)、薬物療法(コレステロールを下げる薬など)、必要に応じて栄養指導やアドバイスが含まれます。

高脂血症はしばしば症状が現れにくいため、定期的な健康チェックと血液検査が重要です。早期発見と適切な管理によって、高脂血症による合併症を予防し、心血管健康を保つことが目指されます。

胃腸炎
胃腸炎
胃腸炎

胃腸炎は、胃や腸の内膜が炎症を起こす病気です。主にウイルスや細菌の感染、食中毒、寄生虫などが原因となりますが、一部ではアレルギー反応や自己免疫疾患によっても発生することがあります。

症状としては、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発熱などが見られます。特に感染性胃腸炎では、ウイルスや細菌が原因となり、飲食物や水から感染が広がることがあります。手洗いや食品の適切な調理など、予防策が重要です。

一般的に、胃腸炎は軽症から中等症の場合、自然に回復することが多いです。適切な休養や水分補給、消化の良い食事を心がけることが治療に役立ちます。ただし、症状が重篤で長期化する場合や高齢者、幼児、免疫力の低下した患者は、医師の診察と治療が必要です。

胃腸炎の予防には、手洗いの徹底、食品の適切な調理、生水の摂取を避けること、感染者との接触を避けるなどが重要です。また、感染性胃腸炎の場合は、症状が軽くても周囲への感染拡大を防ぐためにも適切な注意が必要です。

胃腸炎は一般的には自然に回復しますが、症状が重い場合や長期間続く場合は、早めに医師の診察を受けることが大切です。適切な治療と予防対策により、感染の広がりを防ぎ、早期回復を促すことが目指されます。

逆流性食道炎
逆流性食道炎
逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃酸や消化液が食道に逆流することによって引き起こされる食道の炎症です。通常、胃の中で食べ物が消化される際に胃酸が分泌され、食道と胃の間にある食道括約筋が閉じることで逆流を防ぐ仕組みが働いていますが、この括約筋が弱まったり、胃酸の分泌が増えたりすると逆流が生じることがあります。

逆流性食道炎の主な症状には、胸やけ(胸の熱感や燃えるような感じ)、胃もたれ、喉の違和感や咳などがあります。これは胃酸が食道の壁を刺激することによるもので、長期間続くと食道の粘膜が損傷を受けることもあります。

逆流性食道炎の原因には、食生活の乱れ(高脂肪食、大量の飲食、食事の間隔が空く)、肥満、妊娠、喫煙、アルコール、一部の薬物(非ステロイド性抗炎症薬など)、ヘルニアなどが含まれます。また、ストレスや過度の運動も症状を悪化させることがあります。

逆流性食道炎の診断には、症状と身体の検査に加えて、胃酸や逆流の評価を行う胃内視鏡検査などが行われます。治療では、生活習慣の改善が重要であり、胃酸分泌抑制薬の処方や食道粘膜保護剤の使用が行われることもあります。また、食事の適切な時間と量の管理、腹圧の上昇を避ける姿勢の意識などが助けとなります。

症状の軽度な場合はこれらの対策で改善することが多いですが、症状が重篤で長期間続く場合は、胃食道逆流症(GERD)と診断されることがあります。早期の診断と適切な治療により、逆流性食道炎の症状を軽減し、胃食道逆流症の合併症の予防に努めることが重要です。

インフルエンザ
インフルエンザ
インフルエンザ

インフルエンザは、ウイルスによって引き起こされる感染症で、主に秋から冬にかけて流行します。主な症状には急激な高熱、寒気、全身の倦怠感、筋肉痛、喉の痛みなどがあります。また、咳やくしゃみによってウイルスが空気中に拡散し、感染が広がることがあります。

インフルエンザは感染力が非常に強く、高齢者や免疫力の低下している方、基礎疾患を持つ方などにとっては重篤な合併症を引き起こすリスクが高まります。そのため、予防対策が重要です。

インフルエンザの予防には、定期的な手洗いやうがい、マスクの着用、人ごみの避けなどの感染予防対策が有効です。また、インフルエンザワクチンの接種も推奨されています。ワクチンにより感染を予防し、重症化を防ぐことが期待されます。

万一、インフルエンザの症状が現れた場合は、早めに医師の診察を受けることが大切です。診断には、症状や検査結果を考慮して医師が行います。治療には、安静と十分な水分補給が基本となります。必要に応じて、抗ウイルス薬の処方が行われることもあります。

当院では、インフルエンザに対する適切な診断と治療を行っております。予防と早期の対応により、健康な生活をサポートいたします。ご不明点や疑問があれば、お気軽にご相談ください。

風邪
風邪
風邪

風邪は、ウイルス感染によって引き起こされる一般的な感染症です。主な症状には鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、喉の痛み、微熱などがあります。感染力が強く、空気中の飛沫や手指を介して広がります。特に秋から冬にかけて、感染が増える傾向があります。

風邪の治療は、主に症状緩和と休養が中心となります。抗生物質はウイルスには効果がないため、感染の原因となるウイルスに対しては抗ウイルス薬が使用されることもありますが、早期の投与が必要です。それ以外には、市販の解熱剤や鎮咳剤、のど飴などが用いられます。

また、風邪の予防には、手洗いやうがい、マスクの着用、感染者との距離を保つなどが重要です。また、免疫力を高めるためにバランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけることも予防に役立ちます。

風邪の症状が長期間続く場合や高熱が出る場合、呼吸困難が生じる場合は、早めに医師の診察を受けることが重要です。特に、高齢者や基礎疾患を持つ方、免疫力の低下した方は注意が必要です。

当院では、風邪に対する適切な診断と治療を行っております。早期の対応と適切な処置により、症状の改善と健康な生活をサポートいたします。ご不明点や疑問があれば、お気軽にご相談ください。

排尿時痛
排尿時痛
排尿時痛

排尿時の痛みは、尿を排出する際に膀胱や尿道で感じる不快な症状です。主な原因は、尿路感染症(膀胱炎など)や尿道結石、性感染症、腎盂腎炎などが挙げられます。感染による炎症や異物の刺激によって引き起こされることが一般的です。排尿時に痛みや刺激を感じる他、頻尿や尿のにごり、血尿なども伴うことがあります。早期の診断と適切な治療が重要で、尿検査や身体検査により原因を特定し、適切な薬物療法や対処法を行います。お悩みの方は、すぐに医師の診察を受けることをお勧めします。

浮腫(むくみ)
浮腫(むくみ)
浮腫(むくみ)

当院では、浮腫み(むくみ)に対する適切な診断と治療を行っています。浮腫みは、体の一部が余分な液体によって膨らむ状態であり、足や足首、手、顔、目の下などがよく影響を受けます。

浮腫みの主な原因は、体内の塩分や水分のバランスの乱れ、心臓や腎臓などの臓器の機能障害、リンパ管の障害などが挙げられます。また、妊娠、運動不足、長時間の座位や立位、高温多湿な環境なども浮腫みを引き起こす要因です。

浮腫みが長期間続くと、足の重だるさや疼痛、動きにくさ、血行不良による肌の変化などが生じることがあります。早期発見と適切な治療が大切です。

当院では、浮腫みの原因を詳しく調査し、必要な検査や診断を行います。治療には、浮腫みを引き起こす原因に対応した薬物療法、栄養指導、適切な運動、生活習慣の改善を含め、個々の症状に合わせた総合的なアプローチを行います。

予防にも力を入れ、適度な運動やバランスのとれた食事、足のケアなどをおすすめしています。浮腫みにお悩みの方は、お早めに当院へご相談ください。専門の医師とスタッフが丁寧にサポートし、皆さまの健康と快適な生活をサポートいたします。

睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に一時的に呼吸が停止する病気です。主な原因は、上気道の筋肉の緩みや喉の異常なしまりにより、空気の流れが妨げられることが挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群の特徴的な症状は、いびきや突然の無呼吸発作です。これにより、睡眠の質が低下し、昼間の眠気や集中力の低下、イライラなどの生活の質に影響を及ぼします。また、無呼吸の発作による酸欠は、心血管系や脳に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、肥満、加齢、喫煙、アルコールの過剰摂取などのリスク要因がある方に発症しやすく、睡眠時無呼吸症候群は放置すると重篤な合併症を引き起こすおそれがあります。

診断は、睡眠時の呼吸の記録や睡眠検査(ポリソムノグラフィー)を行い、無呼吸の回数や重症度を評価します。

治療法としては、体重の適正化、アルコールの摂取を控える、寝る前の大食いや胃もたれを避けるなどの生活習慣の改善が重要です。また、CPAP装置を用いて上気道の開放を促す治療法もあります。

早期の診断と適切な治療により、睡眠時無呼吸症候群の症状を改善し、合併症の予防に努めることが大切です。睡眠の質を向上させ、健康で快適な生活を送るためには、専門の医師の診療を受けることをお勧めします。

閉じる

訪問診療

当院では各分野の専門医師による訪問診療を遂行しております。患者様の希望や意向に対して熟慮し、治療を開始する前に丁寧にお伺いいたします。私たちは医師と患者が協力し、共に考え、確かなコミュニケーションを取りながら、治療を進めることが必要不可欠であるという信念を抱いております。これによって、病状も改善されることを信じ、日々治療に取り組んでおります。私たちの根本的な願いは、患者様が健康に回復していただくことであり、それを追求することに尽力しております。

  • 訪問診療

訪問診療について

訪問診療
訪問診療
訪問診療

当院では訪問診療を行っております。高齢者の方や体の不自由な方、療養中の方など、ご来院が難しい方に月2回、医師が患者様のご自宅へ伺い薬の処方、診察を行います。

健康状態の把握と適切な医療を提供し、快適な生活と健康維持をサポートいたします。

大学病院、近隣病院と提携している為、どのような疾患にも対応できます。

地域の皆さまに信頼される訪問診療を心掛けておりますのでご希望やご質問があれば、お気軽にご相談ください。

閉じる

皮膚科

皮膚をキレイに治すためには、患者さまご自身のお薬の塗り方がとても大切です。病院で説明を聞いても、家に帰ると忘れていたり、日が経つにつれて記憶が曖昧になってしまうのは仕方のないことです。当院では、「いつまで、どのように、どれくらい塗るか」を丁寧にご説明いたします。また、ご説明した内容をいつでも思い出していただけるように、薬剤パンフレットや自作のパンフレットもお渡ししています。ご自宅でお薬を塗りながら見返していただけると、お薬の使い方が自然に身につき、皮膚を長期間よい状態に保つことができます。

  • にきび(ざ瘡)
  • 蕁麻疹
  • 帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
  • 痒疹
  • 脂漏性皮膚炎
  • 酒さ様皮膚炎
  • 酒さ
  • 接触皮膚炎
  • 虫刺され(虫刺症)
  • 陥入爪・爪囲炎
  • ウオノメ(鶏眼)・タコ(胼胝)
  • 水虫(白癬)
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • いぼ(尋常性疣贅)
  • 男性型脱毛症
  • アトピー性皮膚炎

皮膚科について

にきび(ざ瘡)
にきび(ざ瘡)
にきび(ざ瘡)

尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)は、一般的に「にきび」として知られる、皮膚の疾患の一種です。主に思春期から成人にかけて発症しやすく、顔、胸、背中などの皮膚に発生します。

尋常性ざ瘡は、毛穴の詰まりにより皮脂や細菌が増殖し、炎症が起こることで発生します。多くの場合、皮脂腺が活発に働く思春期に特に多く見られますが、成人でも発症することがあります。生活習慣や遺伝的要因、ストレス、食生活なども関与しています。

尋常性ざ瘡の症状は、白い頭のついた「白ニキビ」と、赤く腫れ上がった「赤ニキビ」が特徴的です。炎症が進行すると、膿がたまり、悪化すると膿疱(のうほう)として表れることもあります。

治療法は、軽度の場合は適切な洗顔や皮膚ケア、清潔な習慣が助けになります。しかし、炎症がひどい場合や治療が適切でないと悪化する可能性もあるため、皮膚科専門医の指導のもとで適切な治療が行われることが重要です。

治療法には、外用薬(抗生物質やレチノイドなど)、内服薬、レーザー治療、皮膚ピーリング、場合によっては手術などがあります。また、重要なのは皮膚を無理に触らないことや悪化を招く要因を避けることなどの予防策も重要です。

蕁麻疹
蕁麻疹
蕁麻疹

蕁麻疹(じんましん)は、皮膚の炎症反応によって引き起こされる、赤い発疹や腫れが特徴的な皮膚疾患です。蕁麻疹は、体内でヒスタミンと呼ばれる物質が過剰に放出されることで発生します。これは、アレルギー反応や身体的な刺激によって起こることがあります。

蕁麻疹の主な症状は、赤みを帯びた蕁麻疹(じんましん)や腫れが、体のさまざまな部位に現れることです。発疹はしばしばかゆみを伴い、激しいかゆみや刺激によって更なる発疹が広がることがあります。発疹の大きさや形状は異なるため、時には一か所に集中し、時には広範囲に広がることもあります。

蕁麻疹の原因は多岐にわたります。アレルギー反応(食物、薬物、花粉など)、虫刺され、ストレス、感染症、体温変化などが挙げられます。また、特定の薬物の副作用としても現れることがあります。

蕁麻疹の治療法には、抗ヒスタミン薬やステロイド薬などの薬物治療が一般的に用いられます。また、かゆみを軽減するためにかゆみ止めの薬や冷却パックを使用することもあります。

蕁麻疹は通常自然に治癒することがありますが、症状が激しい場合や繰り返す場合には、医師の指導のもとで適切な治療を受けることが重要です。また、発疹の原因を特定し、その刺激を避けることで再発を予防することも重要な対策です。

帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、水痘ウイルスである水痘帯状疱疹ウイルス(バルチンゲラウイルス)が再活性化することによって引き起こされる感染症です。主に背中や胸、腰回りなどに帯状に赤い発疹が現れるため、帯状疱疹と呼ばれています。

帯状疱疹は、特定の神経を侵すウイルスの再活性化により、その神経に沿って発疹が広がる特徴があります。発疹は水疱(ぶくぶく)となり、その後、潰瘍(かいよう)になることがあります。また、激しい痛みを伴うことが多く、帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんこうちょう)と呼ばれる合併症が起こることがあります。

帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の治癒後にしばしば発生する痛みを指します。帯状疱疹のウイルスが神経組織に潜伏しており、ウイルスが再活性化した後も神経に影響を与えるため、痛みやしびれが持続することがあります。痛みの程度は個人差があり、軽い場合から激しい痛みまで幅広くあります。

帯状疱疹後神経痛は、慢性的な神経痛であり、日常生活に影響を及ぼすことがあります。睡眠障害やうつ症状が発生することもあり、生活の質を低下させることがあります。このため、早期の治療や痛みの軽減を目指すことが重要です。

治療法としては、帯状疱疹本体の治療とともに、帯状疱疹後神経痛の痛みを和らげるための薬物療法が行われます。鎮痛剤や抗てんかん薬、抗うつ薬などが使用されることがあります。また、リラクセーション法や神経ブロック療法、カウンセリングなどが症状の改善に役立つ場合もあります。

予防策としては、帯状疱疹の予防接種があります。帯状疱疹予防ワクチンは、水痘ウイルスの再活性化による帯状疱疹の発症リスクを低減する効果があります。特に高齢者や免疫力が低下している人にお勧めされています。早期の帯状疱疹後神経痛の治療と予防接種により、症状を軽減し、生活の質を向上させることができます。

痒疹
痒疹
痒疹

痒疹(ようしん)は、皮膚にかゆみを伴う発疹が現れる皮膚疾患を指します。様々な原因によって引き起こされることがあり、アレルギー反応や感染症、皮膚の刺激、ストレスなどが要因として挙げられます。

痒疹の症状は、かゆみを伴う赤い発疹や水疱、蕁麻疹(じんましん)、ぶつぶつなどが現れることが一般的です。発疹の形状や分布は原因や疾患によって異なり、全身に広がる場合も局所的な場合もあります。

治療には、まずは原因を特定することが重要です。アレルギー反応が原因の場合は、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏などが使用されます。感染症が原因の場合は、抗生物質や抗ウイルス薬が処方されることがあります。

予防策としては、かゆみを感じたらかきむしらず、皮膚を清潔に保つことが大切です。また、適切なスキンケアや保湿を行い、アレルギー反応の場合は過敏になる物質を避けることも予防に役立ちます。

痒疹は一時的なものから慢性化する場合もあり、原因や症状によって治療法が異なります。皮膚科専門医の診察を受けることで、正確な診断と適切な治療が行われ、症状の軽減や再発を防ぐことができます。

脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎
脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、皮脂の過剰な分泌と皮膚の炎症が組み合わさった皮膚疾患であり、主に頭皮や顔、胸、背中などに発生します。乳幼児から成人にかけて見られることがありますが、特に乳幼児期に多く見られます。

この疾患の主な原因は、特定の真菌(マラセチア菌)の過剰な増殖によるものとされています。皮脂を栄養として増殖することで、皮膚の炎症を引き起こします。

脂漏性皮膚炎の症状は、皮膚の赤み、びらん、かゆみ、皮脂が付着した黄色い鱗屑(かさぶた)が見られることがあります。頭皮ではフケのような症状が現れることが特徴的です。

治療には、まずは皮脂の過剰な分泌を抑えることが重要です。適切なシャンプーや洗浄剤を使用して頭皮や皮膚の清潔を保ちます。また、抗真菌薬や抗炎症薬の使用が行われることもあります。

予防策としては、皮脂の過剰な分泌を予防するために、適切なシャンプーや洗顔を心掛けることが重要です。また、頭皮や顔を清潔に保つことや、ストレスを避けることも改善に役立ちます。

脂漏性皮膚炎は一般的には良性の疾患であり、適切なケアや治療により症状を緩和させることができます。しかし、慢性化する場合や重篤な症状が見られる場合は皮膚科専門医の診察を受けることが重要です。

酒さ様皮膚炎
酒さ様皮膚炎
酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)は、酒さと似た症状を示すが、原因が異なる皮膚疾患を指します。酒さ様皮膚炎は、顔の中心部分に赤みや紅斑、腫れなどが現れることで特徴的ですが、一般的な酒さのようにアルコール摂取などの外部刺激が原因ではありません。

酒さ様皮膚炎の原因は、主に皮膚のバリア機能が低下して、細菌や真菌などの微生物に感染しやすくなった結果とされています。また、ストレスや免疫系の異常も関与すると考えられています。

症状としては、顔の中心部に赤い斑点や腫れ、かゆみが現れることがあります。一部の場合では、目の周りにも症状が及ぶことがあります。

治療には、まずは原因となる要因を特定し、避けることが重要です。炎症を抑えるために、抗生物質や抗真菌薬が処方されることがあります。また、抗炎症薬やステロイド軟膏の使用が行われることもあります。

酒さ様皮膚炎は、酒さと類似の症状を示すことからその名がつきましたが、原因と治療法が異なることに注意が必要です。早めの診断と適切な治療により、症状を改善し、再発を防ぐことが重要です。皮膚科専門医の指導を仰ぎながら適切なケアを行うことが大切です。

酒さ
酒さ
酒さ

酒さ(しゅさ)は、顔の中心部分に赤みや腫れ、紅斑(こうはん)や毛細血管の拡張などが現れる皮膚疾患です。主に顔の中心部に現れることから「中心性紅斑」とも呼ばれます。多くの場合、鼻、頬、額などに赤い斑点が広がる特徴があります。

酒さは、主に成人に見られる症状であり、肌の敏感な人や皮膚のバリア機能が低下している人により起こりやすいとされています。顔の赤みは、血管の拡張によって引き起こされます。日光や熱、ストレス、アルコール摂取、辛い食べ物などがトリガーとなることがあります。

酒さの主な症状は、顔の赤みだけでなく、乾燥、かゆみ、熱感、ピリピリ感などの不快感も伴います。また、重度の場合には、毛細血管の拡張が持続することで、肌に細かい血管の網目模様が現れることもあります。

酒さの治療には、まずはトリガーとなる要因を特定し、避けることが重要です。日光から肌を守るために、帽子や日焼け止めの使用が勧められます。アルコールや辛い食べ物を控えることも症状の改善に役立ちます。

軽度の場合は、保湿剤や抗炎症薬の使用が行われることがあります。また、重度の場合には、皮膚科専門医の指導のもとで抗生物質や外用ステロイドが処方されることもあります。

酒さは慢性的な症状であり、完全に治すことは難しい場合もありますが、トリガーを避けることや適切な治療を行うことで、症状の進行を抑え、生活の質を向上させることができます。

接触皮膚炎
接触皮膚炎
接触皮膚炎

接触皮膚炎は、特定の物質や刺激と皮膚が接触したことによって引き起こされる炎症性の皮膚障害です。アレルギー性接触皮膚炎と刺激性接触皮膚炎の2つの主なタイプがあります。

アレルギー性接触皮膚炎は、金属、植物、化粧品、薬品、ラテックスなど特定の物質に対して過敏反応を起こす場合に現れます。刺激性接触皮膚炎は、石鹸、洗剤、アルコール、摩擦、摩耗、熱、寒さなど物理的刺激によって引き起こされます。

症状としては、発疹、赤み、かゆみ、水疱、ただれ、腫れなどが見られることがあります。症状の程度は個人差があり、物質や刺激の種類、個人のアレルギーや皮膚の特性によって異なります。

治療には、刺激を引き起こす物質の特定と接触を避けることが含まれます。かゆみを和らげるために、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏が使用されることがあります。症状が重い場合や感染を伴う場合は、皮膚科専門医の指導のもとで適切な治療を受ける必要があります。

予防策としては、皮膚と接触する物質に注意し、アレルギー反応を引き起こす可能性のある物質や刺激物を避けることが重要です。また、特定の物質に対して過敏な反応が見られる場合は、医師と相談して対策を立てることが大切です。

虫刺され(虫刺症)
虫刺され(虫刺症)
虫刺され(虫刺症)

虫刺症(ちゅうししょう)は、昆虫や節足動物などによる刺し咬みによって引き起こされる皮膚の炎症反応を指します。一般的には虫さされとも呼ばれます。蚊、ハエ、蜂、蜘蛛、ノミ、ダニなどさまざまな昆虫が原因となります。

虫刺症の症状は、赤い発疹や腫れ、かゆみ、痛みが特徴的です。刺された部位によって症状の強弱や現れ方が異なります。蚊に刺された場合は、通常小さな赤い発疹が数箇所できてかゆみを伴います。一方、ハチやハエに刺された場合は、腫れや痛みが強く感じられることがあります。また、一部の人ではアレルギー反応を引き起こし、重篤な症状を引き起こすこともあります。

虫刺症の治療は、軽度の場合は通常自然に治癒しますが、症状が強い場合や感染を伴う場合には医師の指導のもとで適切な治療が行われます。かゆみを和らげるために、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏が使用されることがあります。また、アレルギー反応が強い場合には、緊急の対応が必要な場合もあります。

予防策としては、虫刺されを防ぐための対策が重要です。蚊やハエに対しては、虫除けスプレーや蚊帳を使用し、肌を露出させない服装を心掛けることが効果的です。ハチやハエなどに注意して、危険な状況を避けるようにすることも大切です。また、アレルギー反応を経験している場合は、医師と相談して適切な対策を立てることが重要です。

陥入爪・爪囲炎
陥入爪・爪囲炎
陥入爪・爪囲炎

陥入爪(かんにゅうそう)は、足の爪が周囲の皮膚に刺さるように成長し、炎症を引き起こす状態を指します。一般的に「爪が肉に食い込む」と表現されることもあります。主に足の親指に多く見られますが、他の趾(つま先)にも発生することがあります。

陥入爪の主な原因は、爪の成長方向が側面に向かっていることや、遺伝的要因、爪の切り方の誤り、足の形状、履く靴の選択などが関与しています。また、怪我や外傷によって爪が歪むことも陥入爪の要因となります。

陥入爪が進行すると、周囲の皮膚に炎症が生じ、腫れや赤み、痛みを伴うことが特徴的です。重度の場合には、感染症や潰瘍が発生することもあります。

爪囲炎(そういえん)は、陥入爪によって発生した炎症を指す言葉であり、陥入爪の主な症状のひとつとして使われます。

治療法としては、早めの対処が重要です。自己処理を避け、医師に相談しましょう。医師は、陥入爪の程度や原因を評価し、適切な治療法を提案します。軽度の場合は適切な爪の切り方や保護法が行われる場合もありますが、重度の場合には外科的な手術処置が行われることもあります。

予防策としては、適切な爪の切り方、足の適切なケア、適切な靴の選択、足の清潔を保つことが重要です。早期の陥入爪の対処と予防対策により、炎症や痛みを軽減し、再発を予防することができます。

ウオノメ(鶏眼)・タコ(胼胝)
ウオノメ(鶏眼)・タコ(胼胝)
ウオノメ(鶏眼)・タコ(胼胝)

鶏眼(けいがん)、または胼胝(べんち)は、足の皮膚にできる角質の過剰な厚みによる硬結を指します。主に足の指や足底に発生しやすく、皮膚の摩擦や圧力がかかる場所にできやすい特徴があります。

鶏眼は、長時間の靴の摩擦や窮屈な靴の着用、足の異常な負担などが原因となり、皮膚が保護のために厚くなることで発生します。また、足のアーチが低い、歩き方が異常などの足の構造や歩行パターンの問題も関連しています。

症状としては、角質の厚みによって硬くなった部分が、軟部組織の下にできることが一般的です。これにより、痛みや圧迫感を感じることがあります。歩行時や足に負荷がかかる動作の際に特に不快感を感じることが多いです。

鶏眼は、一般的に自己処理を避けることが重要です。硬結を自力で取り除くと感染のリスクや皮膚損傷の危険性があるため、皮膚科の専門医に相談しましょう。専門医は、適切な治療法を提案し、必要に応じて角質を取り除く処置を行うことがあります。

予防策としては、適切な靴の選択やサイズの確認、足の適切なケア(保湿、保護)、歩行時の負荷分散などが重要です。足の健康を保つことで鶏眼のリスクを減らし、快適な歩行をサポートすることができます。

水虫(白癬)
水虫(白癬)
水虫(白癬)

白癬(はくせん)は、真菌感染によって引き起こされる皮膚疾患の一つです。一般的に「白癬菌」による感染が原因で発生します。白癬は他の人との接触によって感染しやすく、公共の場所や共有の物品を介して広がることがあります。

白癬の主な症状は、赤みを帯びた円形の発疹や斑点が皮膚に現れ、周囲がやや盛り上がっていることが特徴的です。発疹の中心は褪色し、環状になることから「リング状の発疹」とも呼ばれます。激しいかゆみを伴うことが多く、掻いてしまうことで感染が広がる場合もあります。

白癬は、足の爪や足の間、手のひらや指の間、頭皮、体幹などさまざまな部位に発生することがあります。特に足の爪に感染した場合は、爪の変色や形状の変化を伴うことがあります。

治療法としては、抗真菌薬の外用薬や内服薬が一般的に使用されます。感染範囲が広がっている場合や治療が難しい場合には、皮膚科専門医の指導のもとで適切な治療を受けることが重要です。

予防策としては、公共の場所での裸足歩行の避けや、共有のタオルや靴下の使用を避けるなどの感染リスクを減らす行動が効果的です。早期の治療と適切な予防対策により、白癬の症状を軽減し、広がりを防ぐことができます。

水いぼ(伝染性軟属腫)
水いぼ(伝染性軟属腫)
水いぼ(伝染性軟属腫)

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することによって引き起こされる良性の皮膚腫瘍です。一般的に「軟属腫」「軟性繊維腫」とも呼ばれています。

伝染性軟属腫は、主に乳幼児や子供、若い成人に発症することが多く、免疫力の低い個人により頻繁に見られます。感染力が強いため、感染源となった皮膚と接触することで容易に広がる特徴があります。また、プールやジムなどの共有スペースでも感染が広がることがあります。

軟属腫は、小さな突起状の腫瘍で、皮膚の色に近い肌色をしており、表面は滑らかで柔らかい触感があります。一般的に痛みはなく、かゆみを伴うことも少ないですが、見た目の美容的な悩みや他の部位に広がるリスクがあります。

治療法としては、自然に治癒する場合もありますが、広範囲に広がっている場合や症状がひどい場合には、医師の指導のもとで処置を行うことがあります。凍結療法やレーザー治療、手術による切除などが一般的な治療方法です。

感染性のある伝染性軟属腫に対しては、感染予防が重要です。皮膚の傷口や損傷を避けること、適切な手洗い、他の人との直接的な接触を避けることが感染予防に役立ちます。

いぼ(尋常性疣贅)
いぼ(尋常性疣贅)
いぼ(尋常性疣贅)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうせい)は、ウイルス感染によって引き起こされる皮膚の良性腫瘍で、一般的に「イボ」として知られています。主にヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染することで発生します。

尋常性疣贅は、手指や足の裏、爪周囲などの皮膚の角質層に現れることが多いです。直径は数ミリから1センチ程度で、表面はざらざらしており、色は肌色や黒っぽく見えることがあります。感染力があり、他の人と接触することで広がることがあります。

一般的に痛みはありませんが、見た目が気になったり、爪や靴への圧迫で違和感を感じることがあります。また、免疫力が低下している場合や摩擦が続く場所にできやすい傾向があります。

治療法としては、自然に治癒する場合もありますが、症状がひどい場合や他の部位に広がる恐れがある場合には、医師に相談して専門的な治療を受けることが推奨されます。治療法としては、凍結療法(液体窒素による凍結)、レーザー治療、手術による切除、薬剤を用いた治療などがあります。

尋常性疣贅は感染力があるため、特に注意が必要です。ウイルスの感染を予防するためには、適切な手洗いや衛生管理、感染部位のカバーなどが重要です。

男性型脱毛症
男性型脱毛症
男性型脱毛症

男性型脱毛症、通称AGA(Androgenetic Alopecia)は、男性特有の脱毛症の一種です。主に遺伝的な要因とホルモンの影響によって引き起こされます。この症状は、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることで発症します。

AGAは一般的に頭頂部と生え際の部分から始まり、次第に髪が細くなり、薄毛が進行していきます。これにより、男性の自尊心や心理的な健康に影響を及ぼすことがあります。

治療法としては、ミノキシジルやフィナステリドなどの薬物療法が一般的に用いられます。ミノキシジルは育毛効果があるとされ、地肌に塗布することで血流を促進し、髪の成長をサポートします。フィナステリドは、DHTの生成を抑制することで脱毛を抑える効果があります。

さらに、AGAの進行を遅らせるために、健康な食生活を心掛けることや、ストレスを避けることも重要です。また、医師の指導のもと、薬物療法以外の治療法や植毛手術を検討することもできます。

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的な皮膚の炎症疾患で、主に遺伝的な要因によって引き起こされます。この疾患では、免疫システムの異常によって皮膚が過敏に反応し、かゆみや発疹などの症状が現れます。

主な症状は、皮膚の乾燥と強いかゆみです。乾燥した皮膚は痒くなり、掻くことでさらなる炎症を招くことがあります。発疹は赤く盛り上がり、特に可動部位に多く現れます。

アトピー性皮膚炎の症状はストレスやアレルゲンの影響を受けやすく、悪化・緩和することがあります。症状の軽減には、皮膚の保湿やステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬が使用されます。

この疾患は慢性的であり、早期の適切な治療とトリガーの管理が重要です。皮膚科の医師に相談し、個別の対策を立てることが大切です。生活習慣の見直しやアレルゲンの避け方を学ぶことで、症状の改善に向けた一歩となるでしょう。

閉じる

アレルギー科

  • ダニアレルギー
  • アレルギー検査
  • 花粉症

アレルギー科について

ダニアレルギー
ダニアレルギー
ダニアレルギー

ダニアレルギーは、ハウスダストに含まれるダニのフンや死骸に対して過剰な免疫反応が引き起こされるアレルギー性疾患です。主な症状にはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血、くすみの原因となるアトピー性皮膚炎があります。特に室内でのダニの活動が活発な季節に症状が現れやすく、年間を通して続くこともあります。ダニは寝具やカーペット、布製品などで繁殖し、特に寝室が多いです。ダニアレルギーの対策としては、定期的な掃除や換気、寝具の洗濯などが重要です。また、抗アレルギー薬やステロイドを含む鼻スプレーや点眼薬を使用することで症状の緩和が期待できます。重症な場合はアレルギー減感作療法も行われます。当院では、ダニアレルギーに対する診断と適切な治療を行っております。患者様の症状や生活環境に合わせた対応を行い、快適な生活をサポートいたします。お悩みの方は、お早めにご相談ください。

アレルギー検査
アレルギー検査
アレルギー検査

内科でのアレルギー検査は、患者の身体のアレルギー反応を特定するために行われます。検査の主な方法には、血液検査と皮内テストがあります。

血液検査では、患者の血液中に特定のアレルゲンに対する抗体(IgE抗体)が存在するかを調べます。これにより、どのアレルゲンに対してアレルギー反応が起こっているかを特定することができます。

皮内テストは、患者の皮膚に微量のアレルゲンを刺激することで、即時型のアレルギー反応を確認します。反応の強さや大きさから、どのアレルゲンに対して過敏反応を示しているかを判定します。

これらの検査を組み合わせることで、患者の具体的なアレルギー原因を特定し、適切なアレルギー治療を選択できます。治療には、アレルゲン回避、抗アレルギー薬、アレルギー減感作療法などが含まれます。

当院では、専門的な内科医によるアレルギー検査と適切な治療を行っております。患者の症状や状態に合わせた丁寧な診療を行い、アレルギー症状の改善と健康な生活をサポートいたします。ご不明点やお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

花粉症
花粉症
花粉症

花粉症は、特定の植物の花粉に対して免疫反応が過剰に起こるアレルギー性疾患です。主な症状には、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血、喉のかゆみなどがあります。特に春や秋に、花粉の飛散が多くなる時期に症状が顕著に現れます。

花粉症の原因としては、スギやヒノキなどの木の花粉、ヨモギやブタクサなどの草の花粉が挙げられます。これらの花粉が呼吸器に触れると、免疫反応が働き、炎症やアレルギー症状が引き起こされます。

花粉症の対策としては、以下のような方法があります:マスクの着用、外出時の洋服の着替えや頭洗い、窓の閉める、エアコンの使用などが挙げられます。また、花粉の飛散が多い時期には、外出を控えたり、予防用の目薬や鼻スプレーを使用することも有効です。

重度の症状がある場合は、抗ヒスタミン薬やステロイドを含む薬物治療が行われることもあります。抗アレルギー治療や減感作療法も考慮されます。

当院では、花粉症に対する適切な診断と治療を行っております。患者様の症状や状態に合わせた対応を行い、快適な季節を過ごすためのサポートを行っています。お悩みの方は、お早めにご相談ください。

閉じる

L&Pクリニックとは

About us

L&Pクリニックは、内科、訪問診療、皮膚科の分野で地域密着型の医療サービスを提供しています。

私たちは最新のIT技術を駆使し、患者さんにより便利で効果的な医療をお届けします。当クリニックでは、先進的なシステムを活用する事で、みなさまがより快適に医療を受けられるよう、心がけています。患者様の診療情報はデジタル化され、医療チームとのリアルタイムな情報共有が可能となります。訪問診療では、患者さんの自宅や施設で必要な医療を提供します。地域の方々の健康と生活の質の向上を目指し、個別のニーズに合わせたケアを提供しています。

皮膚科では、皮膚トラブルや美容に関する問題に対して最新の治療法と技術を活用し、お肌の健康と美しさをサポートします。私たちは地域の皆様と共に歩み、信頼と安心を大切にした医療を提供します。患者さんの健康と幸福を第一に考え、質の高い医療をお届けすることを使命としています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

当院の特徴

最新のITを活用した医療
01

最新のITを活用した医療

電子カルテやオンライン診療を導入し、リアルタイムの情報共有や遠隔診療を実現。最新医療機器も活用し、患者様の診療品質向上に取り組んでいます。技術の進歩に常に対応し、安心・安全な医療を提供します。お気軽にご相談ください。

02

患者さんごとに合わせた医療の提供

在宅医療は入院治療の劣化版ではなく、個別に合わせた「カスタムメイドの医療」です。
病院は疾病治療を目的とし、患者の生活は特殊な環境です。しかし、在宅医療は患者の日常生活を重視し、自宅で安心して治療を受けられるようサポートします。医療行為だけでなく、患者の生活を支援し、患者や家族の悩みに寄り添うことも重要です。それによって、入院治療の劣化版ではなく、患者の希望を実現するためのカスタマイズされた医療が提供されます。

患者さんごとに合わせた医療の提供
保険・自費診療対応
03

皮膚科では、保険・自費診療対応

治療の選択肢を増やして、患者さまひとりひとりにとって満足のいく、最適な治療をご提供できるように、当院では保険診療だけでなく自費診療も行なっています。治療内容・治療費などご不明な点はお気軽にご相談ください。

ごあいさつ・スタッフ紹介

Greeting
ごあいさつ・スタッフ紹介
院長

飯島 隆太郎

当院では、患者様の健康と幸福を第一に考え、質の高い医療サービスを提供することを使命としています。内科をはじめとする総合的な医療を通じて、患者様の病状を正確に把握し、最適な治療プランを提案いたします。また、訪問診療により、ご自宅や施設での医療ニーズに応え、安心して治療を受けていただけるよう努めております。患者様の生活環境や個別の要望に合わせ、きめ細かなケアを提供いたします。

皮膚科では、皮膚トラブルや美容に関するお悩みに対して、最新の治療法や技術を駆使し、お肌の健康と美しさをサポートいたします。私たちは、患者様との信頼関係を大切にし、コミュニケーションを重視しております。患者様一人ひとりのご要望や状態に真摯に向き合い、最善の医療を提供することをお約束いたします。

ご不明な点やお困りごとがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。皆様の健康と笑顔のために、全力でお手伝いいたします。

帝京大学医学部卒業
2015年 帝京大学医学部附属病院 初期研修
2017年7月–2021年9月 帝京大学ちば総合医療センター 第三内科(腎臓)
2021年10月 おおふな皮ふ科開設
2023年3月 医療法人社団L&P Medical設立

かかりつけ医サービス(外来+往診)

高齢者のトータルケア
高齢者のトータルケア
減薬外来
減薬外来
住宅医療
住宅医療
無料送迎
無料送迎

主なサービスと可能な検査

点滴
点滴
在宅酸素
在宅酸素
服薬指導
服薬指導
緩和ケア
緩和ケア
レントゲン
レントゲン
心電図
心電図
超音波検査
超音波検査
一般採血
一般採血

自費診療料金表

Price
初診料 3,300円
再診料 1,320円
美肌内服(シナール、ユベラ、ハイチオール、トランサミン) 1,490円〜
タチオン 内服 2,980円〜
帯状疱疹ワクチン(シングリックス) 1回22000円
2ヶ月間隔で2回接種
計44000円
男性AGA 6,600円~
トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101