2023.07.20

高脂血症

高脂血症とは、血液中の脂質(脂肪)の異常上昇を指す状態です。主にコレステロールや中性脂肪が通常値を超えて増加し、動脈血管に異常な脂肪の蓄積が生じることが特徴です。

高脂血症は、長期間にわたり継続することで動脈硬化を引き起こす恐れがあり、心臓病や脳卒中、末梢動脈疾患などの重篤な合併症のリスクが高まります。特に、低密度リポタンパク質コレステロール(LDLコレステロール)が増加すると、動脈内に脂肪が蓄積し、動脈壁にプラーク(血管壁の厚みを増す沈着物)が形成されます。

高脂血症の原因には、遺伝的要因や生活習慣、食事内容などが影響を及ぼします。高脂肪食品の摂取過剰や運動不足、喫煙などは、高脂血症のリスクを高める要因とされています。

治療の主要な目標は、脂質値を正常範囲に改善し、動脈硬化を進行させないようにすることです。これには、生活習慣の改善(バランスの取れた食事や定期的な運動、禁煙)、薬物療法(コレステロールを下げる薬など)、必要に応じて栄養指導やアドバイスが含まれます。

高脂血症はしばしば症状が現れにくいため、定期的な健康チェックと血液検査が重要です。早期発見と適切な管理によって、高脂血症による合併症を予防し、心血管健康を保つことが目指されます。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101