2023.07.22

いぼ(尋常性疣贅)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうせい)は、ウイルス感染によって引き起こされる皮膚の良性腫瘍で、一般的に「イボ」として知られています。主にヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染することで発生します。

尋常性疣贅は、手指や足の裏、爪周囲などの皮膚の角質層に現れることが多いです。直径は数ミリから1センチ程度で、表面はざらざらしており、色は肌色や黒っぽく見えることがあります。感染力があり、他の人と接触することで広がることがあります。

一般的に痛みはありませんが、見た目が気になったり、爪や靴への圧迫で違和感を感じることがあります。また、免疫力が低下している場合や摩擦が続く場所にできやすい傾向があります。

治療法としては、自然に治癒する場合もありますが、症状がひどい場合や他の部位に広がる恐れがある場合には、医師に相談して専門的な治療を受けることが推奨されます。治療法としては、凍結療法(液体窒素による凍結)、レーザー治療、手術による切除、薬剤を用いた治療などがあります。

尋常性疣贅は感染力があるため、特に注意が必要です。ウイルスの感染を予防するためには、適切な手洗いや衛生管理、感染部位のカバーなどが重要です。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101