2023.07.22

痒疹

痒疹(ようしん)は、皮膚にかゆみを伴う発疹が現れる皮膚疾患を指します。様々な原因によって引き起こされることがあり、アレルギー反応や感染症、皮膚の刺激、ストレスなどが要因として挙げられます。

痒疹の症状は、かゆみを伴う赤い発疹や水疱、蕁麻疹(じんましん)、ぶつぶつなどが現れることが一般的です。発疹の形状や分布は原因や疾患によって異なり、全身に広がる場合も局所的な場合もあります。

治療には、まずは原因を特定することが重要です。アレルギー反応が原因の場合は、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏などが使用されます。感染症が原因の場合は、抗生物質や抗ウイルス薬が処方されることがあります。

予防策としては、かゆみを感じたらかきむしらず、皮膚を清潔に保つことが大切です。また、適切なスキンケアや保湿を行い、アレルギー反応の場合は過敏になる物質を避けることも予防に役立ちます。

痒疹は一時的なものから慢性化する場合もあり、原因や症状によって治療法が異なります。皮膚科専門医の診察を受けることで、正確な診断と適切な治療が行われ、症状の軽減や再発を防ぐことができます。

トップに戻る
休診日 祝日 電話する03-3924-0101